~香しき淡路島の春~ 華麗なるソロイスツによる珠玉の室内楽コンサート(4/14)

<満員御礼>このイベントは終了いたしました。

2019年4月14日(日)15:00開演/16:30終演予定
Sunday,April 14,2019 ,15:00-16:30

Tamaki Kawakubo Mari Endo Yurie Miura Trio
~香しき淡路島の春~
華麗なるソロイスツによる珠玉の室内楽コンサート

ソリストとして大活躍中のソリストが集結した人気トリオ、淡路島初公演決定!
香しき淡路島の春を彩る深遠な音楽の世界をお楽しみください。

出演

川久保賜紀(ヴァイオリン)
Tamaki Kawakubo -violin
遠藤真理(チェロ)
Mari Endo -cello
三浦友理枝(ピアノ)
Yurie Miura -piano

演奏予定曲

マスネ:タイスの瞑想曲
ドビュッシー:月の光
サン=サーンス:白鳥
ラヴェル:亡き王女のためのパヴァーヌ
ラヴェル:ピアノ三重奏より ほか

料金

リザーブシート:一般:2,800円 学生・70歳以上:1,800円  座席表
自由席:一般:2,500円 学生・70歳以上:1,500円
《チケット販売》サンシャインホール / 洲本市文化体育館

チケット:2/2(土)~販売開始 チケットのお申込

〇リザーブシートは事前にお好きな座席をお選びいただけます。コンサート前日までサンシャインホールでのみ販売いたします。
〇学生(小学生~大学生・専門学校)
〇障碍者手帳保持者は、学生・70歳以上料金にてご案内いたします。
〇未就学児の入場はご遠慮下さい。( 親子室の利用可・要予約。詳細はお問合せ下さい。
〇親子室ご利用の場合、未就学児無料、付添は学生料金にてご案内いたします。
〇内容等に変更が生じる場合がございますので、あらかじめご了承下さいませ。

お問合せ

淡路市立サンシャインホール TEL 0799(74)0250 FAX 0799(74)0256 
HP : http://sunshine-hall.com/

*電話・FAX・HPからのご予約も承っております。

プロフィール

川久保賜紀(ヴァイオリン)Tamaki Kawakubo , violin

2002年チャイコフスキー国際コンクール最高位入賞。2001年サラサーテ国際ヴァイオリン・コンクール優勝。 R.リプセット、D.ディレイ、川崎雅夫、Z.ブロンの各氏に師事。 ロサンジェルス・フィル、デトロイト響、ヒューストン響、シンシナティ響、ボルティモア響、サンフランシスコ響、クリーヴランド管など主要な北米オーケストラと共演し、幼少時より豊富なステージ経験を積む。 ラヴィニア音楽祭では、芸術監督エッシェンバッハと共演し、“エッシェンバッハの躍動感あるピアニズムに彼女は常に音楽的に音をぴったりと合わせ、すばらしい落ち着きと自信を持って演奏した/シカゴ・トリビューン紙”と評された。 更に、ファビオ・ルイジ指揮ライプツィヒ放響、サンクトペテルブルグ響ほか、リトアニア、ドイツ、スウェーデン、イタリアなど、ヨーロッパに活躍の場を広げる。 日本へは97年、チョン・ミョンフン指揮アジア・フィルのソリストとして初来日。同年、ニューヨークのモーストリー・モーツァルト・フェスティバル・オーケストラとのツアーで再来日し、その年の演奏活動に対して、リンカーンセンターより、エヴリー・フィッシャー賞を受賞。以後、定期的に来日して、日本の主要オーケストラと共演を重ねる他、ザンデルリンク指揮ドレスデン・フィルハーモニア管などの日本公演のソリストに迎えられ、高度な技術と作品の品位を尊ぶ深い音楽性に高い評価を得ている。15年は小菅優とのデュオでドイツ・ツアーを実施。近年はワシントンや淡路島で自ら企画するコンサートを行うなど、コンサート・プロデューサーとしての才能も発揮している。 CDはエイベックス・クラシックスよりリリース。最新CDは15年リリースの「アンコール!」。 使用楽器は、S&R財団から貸与されている。 オフィシャルサイト:http://tamakikawakubo.com/

遠藤 真理(チェロ)Mari Endo , cello

2003年第72回日本音楽コンクールで第1位、2006年「プラハの春」国際コンクールにて第3位(1位なし)、2008年エンリコ・マイナルディ国際コンクールにて第2位。 神奈川県出身。東京芸術大学を首席で卒業。臼井洋治、河野文昭、山崎伸子、藤森亮一、クレメンス・ハーゲンの各氏に師事。 07年ザルツブルクのモーツァルテウム音楽大学マギスター課程を満場一致の最高点で卒業。同年神奈川県より文化賞未来賞を、09年には齋藤秀雄メモリアル基金賞を受賞した。 これまでにアンサンブル金沢、大阪フィル、札幌響、読売日響、都響など国内主要オーケストラに招かれ、小林研一郎、飯森範親、ゲルハルト・ボッセ、ジャン・ピエール・ヴァレーズ、ルドヴィーク・モルロー、など著名指揮者と、またウィーン室内管、プラハ響、ザルツブルク・ゾリステンらと共演するなど、国内外で高い評価を得る。 2010年NHK大河ドラマ「龍馬伝」の「龍馬伝紀行」(第三部)での音楽演奏を担当。同曲が収録された「Cello Melodies 龍馬伝紀行Ⅲ」をはじめ3枚のソロアルバムと、川久保賜紀、三浦友理枝とのアルバム「RAVEL」、そして18年には読売日本交響楽団(指揮:小林研一郎)とのドヴォルザーク:チェロ協奏曲のCDがリリースされている。ソリストとして活動しながら17年4月より読売日本交響楽団のソロ・チェロ奏者にも就任。 2012年4月より、NHK-FMのクラシック音楽番組「きらクラ!」(毎週日曜日/全国放送)でパーソナリティを務めるなど活動の幅を広げ、その朗らかな語り口で、子供向けのコンサートにも力を注いでいる。 オフィシャルサイト http://endomari.com/

三浦 友理枝(ピアノ)Yurie Miura , piano

3歳よりヤマハ音楽教室に入会、93年よりヤマハマスタークラスに在籍。江口文子、ヴェラ・ゴルノスタエヴァ、浦壁信二各氏に師事。 05年英国王立音楽院大学課程を首席で卒業。07年同音楽院・修士課程を首席で修了。クリストファー・エルトン氏に師事。 95年「第3回ゲッティンゲン国際ショパンコンクール」第1位受賞。これを機にドイツなどでコンサート活動を開始。99年「第3回マリエンバート国際ショパンコンクール」最年少で第1位受賞。01年「第47回マリア・カナルス国際音楽コンクール」ピアノ部門第1位、および金メダル、最年少ファイナリスト賞、カルロス・セブロ特別メダル賞を受賞。06年9月には「第15回リーズ国際ピアノコンクール」にて特別賞を受賞。 02年ロンドン・ソロイスツ室内オーケストラとの共演でロンドンデビュー。04年には国際ショパン協会ウィーン本部の招きでリサイタルを行いウィーンデビュー。同年、ロンドン・ソロイスツ室内オーケストラと再共演。これまでに、国内外の主要オーケストラと多数共演。また室内楽の分野でも積極的な活動を展開している。 05年、エイベックス・クラシックスよりCDデビュー、14年4月発売の5枚目のソロアルバム『ミニアチュアーズ』のほか、05年『印象』、07年『エチュード』、09年『ピアノ協奏曲ト長調 ラヴェル:ピアノ作品集』、同年川久保賜紀、遠藤真理のトリオによる『RAVEL』、10年『ショパン:24のプレリュード』をリリースしている。「ショパン:24のプレリュード」「ミニアチュアーズ」は「レコード芸術」(音楽之友社)で特選盤に選ばれている。 2016年、第26回新日鉄住金音楽賞〈フレッシュアーティスト賞〉を受賞した。 オフィシャルサイト http://www.yuriemiura.net/